学んだこと

今まで生花を使ってのアレンジは配置をそろえ、向きを揃えと
頑張っていたけれど、自然に咲いているお花は生き生きと
いろんな方向に咲いている。

アートフラワーは茎の部分がワイヤーなのでいろいろな方向へ
自分の好きなように動かせる。
それで生き生きと見せることが出来るのです。

それがアートフラワーならではのよさなのかも。。。

でも今まで配置をきちっとって勉強してきたので
いろいろな方向にお花を向けるように手直しされたとき
慣れないのでなんか気持ちが悪かった。

でもそれが綺麗に生き生きと見せられるようにアレンジが
出来るようになればいいんだろうな。

難しい~~。。。

アートフラワーのアレンジってオブジェという言葉がピッタリ
当てはまる気がします。
[PR]
by y-margaret | 2006-04-10 21:35 | プリザーブドフラワー
<< 成長 仕事日記 >>